温泉天国で田舎暮らしをしよう!

年金で田舎暮らし

温泉三昧で健康生活

いつかは温泉三昧の老後を送りたいとお思いの方も、この際実現させて見ましょう。

まず温泉とは?

昭和23年(1948)に作られて、今でも基準となっている『温泉法』という法律によると次の二つに分けられています。

この二つの内、どちらかをクリアしていれば温泉と呼ばれます。
実は地下水は深くなるほど温度が上昇する。実際には100メートル掘るごとに2℃から3℃は上昇します。
つまり、1500メーターも掘ればほぼ確実に温泉となるのです。
最近大きな町に温泉施設がよく出来るのは掘削技術が進んだ為、投資対象として温泉が利用されているためです。
しかし、これでミネラルなどの含有量があまりなければ、井戸水を家庭で沸かしているのと大して変わりありません。
ここでこだわりたいのは泉質です。
掘削技術のあまり進んでいなかった古くからある温泉は、この泉質に優れています。

 

たっぷり温泉を楽しむタイプは以下の通り

自宅に温泉をひく

共同浴場に通う

共同浴場がたくさんある温泉町は

那須温泉 栃木県那須町
わいた温泉 熊本県小国町
遠刈田(とおがった)温泉 宮城県蔵王町
指宿温泉 鹿児島指宿町
岩井温泉 鳥取県岩見町
湯の花温泉 福島県南会津町
野沢温泉 長野県野沢温泉村
草津温泉 群馬県草津町
湯沢温泉 新潟県南魚沼郡湯沢町
小野川温泉 山形県米沢市小野川町 など他にも多数

便利な温泉検索

日本温泉協会「温泉名人 」

泉質、適応症、源泉温度、色などで温泉地の検索が出来ます。
また、宿の予約も出来ます。

温泉別効能を調べるなら

温泉科学プロジェクト
バスクリンで有名なツムラのサイト。効能や温泉町を紹介しています。
そのほかマニアックな情報満載。

年金で田舎暮らし

温泉って簡単に掘れる?

「この辺は、温泉地だからウチも掘っちゃえっ!」て言って、簡単に掘れる物ではありません。

まず、温泉をゆう出させる目的で土地を掘削する前には、知事へ申請をしてその許可を受ける必要があります。(温泉法)そして自治体によってたとえば、既存源泉の半径50メートルは掘れなかったり、半径500メートル以内の源泉所有者からの申請内容についての同意書の用意といった事がありますので事前によく調査が必要です。

環境省温泉の保護と利用

掘りたい方はまずはこちらで情報収集を。

 

いつかは年金生活

しかし、前から気になっていた事にチャレンジ!!年金を増やす方法、流行のキットハウス、などちょっとだけ情報収集などいかがでしょうか?