田舎ベーカリーカフェを開こう!

年金で田舎暮らし

冷凍パンで気軽に開けるベーカリーカフェ

年金ぐらしなのであまり一生懸命仕事をしたくない。
でも、何かしたい。
また、以前からやりたかったカフェを開きたかった…
人が集まる場にしたい

そんな方に、ただのカフェ、喫茶店もいいのですが、今流行りの焼きたてパンを売りにしたカフェはいかがでしょう。

でも、パンを焼くとなると特別な技術が必要となります。

ところが今は冷凍パン生地というものがあります。

冷凍パンとは?冷凍パン生地とは?

冷凍パン生地とは完成したのを焼いているのもありますが、主に解凍、二次発酵、焼きのみで完成してしまうパンの事。
パン作りは、実はココまでが大変です。

 

パン作りがお好きで全部やりたい方は、もちろん1から作れば、自分の理想通りのパンが出来上がります。

しかし、すべて自分で作ろうとすると計量、ミキシング、分割しての一次発酵、成形、二次発酵と知識と技量と高価な機材(ミキシングマシーン、ドウコン)などが多数必要となり、スペースもとります。

冷凍パン生地ならホイロとオーブンさえあれば出来ます。

その日のお客様に合わせて、労働力もロスも少なく提供できます。

なので、手軽に始めたいとお考えの方は冷凍パン生地をお勧めします。

ベーカリーサービス/敷島製パン
敷島製パン(パスコ)では冷凍パン生地を利用したカフェ(ベイクオフベーカリー)をプロデュースしています。
パスコのベーカリー教室では短時間でしっかり基礎を学ぶことも出来ます。
パスコの冷凍パン生地をパスコプロデュースの店で、パスコのアドバイス、教育を受けて焼くことも出来ます。

もちろん、多彩な冷凍パン生地も提供しています。

ふくらむ魔法のパン和島興産株式会社
こちらで販売している冷凍パン生地は二次発酵済みだから、冷凍したままオーブンで焼くだけで完成します。

年金で田舎暮らし

開業資金をなるべく抑えるコツ

開業にひつような機材はなるべく中古を選んでみましょう。

新品のスチームコンベンションオーブンなどは300~500万は当たり前。まともにそろえたら大変な金額になり、とても気軽にとはいきません。

そこで中古品を探してみましょう。プロの機材は丈夫に出来ていますので5年や10年で簡単に壊れたりなしません。数百万する物も、5分の一の値段で売っていることもあります。

それから椅子やテーブルも中古なら格安で手に入ります。

いつかは年金生活

しかし、前から気になっていた事にチャレンジ!!年金を増やす方法、流行のキットハウス、などちょっとだけ情報収集などいかがでしょうか?