プチ田舎暮らし、クラインガルデン

年金で田舎暮らし

いきなり田舎暮らしをするのは…
家庭菜園をやってみたいけど家の庭は狭すぎる、
家庭菜園のある別荘が欲しい

など悩みを持つ方に、是非おすすめしたいのが

クラインガルデン

元々はドイツで始まったラウベ(小屋)を持つ市民農園の事。
本場ドイツでは50万人の会員を持つクラインガルデン協会がある。

日本では宿泊できるラウベを、それぞれ持ち滞在型農園という位置ずけで主に造られていて、日帰りから契約期間5年まで延長可能なクラインガルデンもある。

 

自治体が運営している場合が多い。

都市との交流が目的なのでいろんな情報が手に入りやすいのが大きな利点。

各クラインガルデンにはそれぞれ個性があるので、利用するには実際に訪れてみることもいいだろう。

いろいろと菜園の相談に乗ってくれる指導員が常駐しているところも多く、また温泉施設を併設しているところもある。
寒さの厳しい地域は冬の間、閉鎖しているところもあるので注意が必要だ。

東北、関東エリア

長野エリア

北陸、中部、近畿エリア

中国、四国、九州エリア

 

年金で田舎暮らし

おやっ、ここは安いけど…

そう、そう思えるクラインガルデンもよくありますが、資料をよく読むと冬期閉鎖の場合があるので、よく注意してみましょう。

いつかは年金生活

しかし、前から気になっていた事にチャレンジ!!年金を増やす方法、流行のキットハウス、などちょっとだけ情報収集などいかがでしょうか?